HOME会社情報モリタ フィロソフィー

会社情報 モリタ フィロソフィー

philosophy

「パーパス」とは、

私たちの社会における存在理由。
「モリタグループとは何のために存在するのか?」を最もシンプル、かつ純粋に表現したものです。
 

「ビジョン」とは、

モリタグループが実現したい社会のために、「パーパス」を軸にした企業経営を通じて目指す自らのありたい姿を宣言したものです。
 

「バリューズ」とは、

モリタグループのすべての従業員が大切にすべき価値観を表現したものです。

パーパス

「安心」を支える技術と絶えざる挑戦で
人と地球のいのちを守る

■パーパスに込めたストーリー

その歴史は、日本の消防を変えるために走り出した
一台の「挑戦」から始まった。
日本初のガソリン・エンジン付き消防ポンプ、
次いで日本初の国産消防自動車。
私たちが取り組む「モノづくり」は、
消防技術の進化の道を切り拓き続けた。
やがて、リサイクル施設、環境車両の開発、
私たちが守る対象は地球の自然環境へと拡大する。

そして、時代の大きな変化に応えるため、
いま私たちの挑戦は「モノ」を超える。
実績と信頼を誇る「モノづくり」の枠を飛び越え、「システム」で発想する、
新しい「総合防災ソリューション」の創造へ。
もっと社会から必要とされ、もっと社会の発展を支えるため、
まず私たち自身が生まれ変わる。

ないものを生みだしてきた先進の「技術」力に
AIやIoTの力を積極的に取り込み、
さらに変革への情熱を絶やさない「人」の力を合わせて。
世界に変わらない「安心」を届けるため、防災と環境の課題に挑み、
乗り越えた先に未来を生みだしていく。
私たちは、そのために走り続ける。

ビジョン

安全で住みよい豊かな社会へ貢献し
感謝され、愛される企業

バリューズ

お客様と社会からの信頼

お客様と社会に寄り添い、心をこめた品質で、期待と信頼に応える

真摯な企業経営

あらゆる企業活動を公正に律し、社会との調和を図る

挑戦と成長

つねに夢と向上心をもって挑み、成長し続ける

飽くなき革新力

前例にとらわれず、新たな領域に果敢に取り組み、切り拓く

多様性の尊重

異なる価値観を尊重し合い、多様な個性の輝きを創りだす

自然、社会との共生

環境課題、社会課題解決に継続的に取り組み、社会と共に未来を生みだす

 
ページのトップへ戻る

品質方針

  • 1. 総合品質(企業活動すべての質)の強化で、世界の「モリタブランド」へ。
  • 2. 心を込めたモノづくりで、高品質な製品を提供し、お客様の信頼と満足を得る。
  • 3. 品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善して、競争力のある強い企業となる。
  • 4. 製品要求事項及び品質マネジメントシステム要求事項への適合を確実にして、顧客満足の向上を図る。

(2008年10月1日制定)

 
ページのトップへ戻る
 

環境方針

企業テーマ:高度な循環型社会の実現

『今を生きる同時代人のみならず、歴史を引き継ぐ私たちの子孫へ 何を財産として伝え手渡してゆくのか』

モリタエコノスは、こうした未来的視座を背景に、環境保全特殊車両メーカーとして蓄積した豊富な技術力を、さらに高度化・複合化することによって、新たな“地球環境技術”へと発展させ、確かな回答としての製品を次々と生み出しています。  モリタエコノスは、地球環境問題を最重要課題の1つとしてとらえ、次の企業テーマのもとに、全社一丸となって環境保全活動を促進していきます。

  • 1.環境マネジメントシステムを確立することにより、企業活動、製品、およびサービスが環境に与える影響を的確に把握し、技術的、経済的に可能な範囲で 環境保全活動を実行・維持し、環境汚染の予防に努め、継続的改善を図る。
  • 2.環境負荷低減活動として以下を推進する。
    • 主な推進項目
    • (1)省資源活動の推進
    • (2)省エネルギ活動の推進
    • (3)典型7公害に関わる環境影響の予防
    • (4)環境に配慮した製品設計・生産の推進
  • 3.環境に関連する、適用可能な法的要求事項(法令、条例)、および同意するその他の要求事項を順守し環境保全に努める。
  • 4.環境方針の遂行のために設定した環境目的・目標(実施可能な数値化したもの)を関連する部門毎に展開・推進し、定期的にレビューし、環境マネジメントシステムの継続的改善に努める。
  • 5.この環境方針は文書化・実行・維持し、組織で働く、または組織のために働くすべての人に周知するとともに、環境教育等の啓発活動を通じて、環境に関する意識の向上を図る。

~この環境方針は、一般の人が入手できるように社外へ公表する~

(2011年10月1日制定)
 
ページのトップへ戻る

環境への取り組み

使用済み商用車架装物リサイクルへの取組み

2005年より自動車リサイクル法が本格施行され、乗用車、商用車(キャブ付きシャシ部分)と一部の架装物が当リサイクル法の対象となります。 当社が製造販売しております特装車は当リサイクル法の対象外ですが、当社は(一社)日本自動車車体工業会の一員として、(一社)日本自動車車体工業会の「商用車架装物のリサイクルに関する自主取組み」を基本とし、使用済み商用車架装物のリサイクルに積極的に取り組んでおり、(一社)日本自動車車体工業会の定める環境負荷物質自主取組み基準(鉛、水銀、六価クロム、カドミウムの使用制限)に適合しています。また、製品毎に架装物を解体する際の参考例とし基本的な解体マニュアルを作成しましたので、参考にして頂ければ幸いです。 尚、(一社)日本自動車車体工業会における全般的な取組みにつきましては、同会のホームページをご覧下さい。また、同会のホームページでは必要な処理やリサイクルが適正に行えるように処理事業者情報の提供を行っておりますのでご参照ください。

ガイドライン

商用車架装物に関する3R「判断基準」ガイドラインPDF
(17KB)

解体マニュアル一覧

「共通編」PDF
(52KB)
「塵芥車(機械式)」解体マニュアル PDF
(364KB)
「衛生車(バキュームカー)」解体マニュアル PDF
(128KB)
「清掃車(強力吸引車)」解体マニュアル PDF
(220KB)
「清掃車(汚泥吸引車)」解体マニュアル PDF
(92KB)
「清掃車(高圧洗浄車)」解体マニュアル PDF
(72KB)
「清掃車(浄化槽汚泥濃縮車)」解体マニュアル PDF
(112KB)
※ 解体作業につきましては、各社様のご判断に基づいて作業を進めて頂きますよう、宜しくお願い致します。
ページのトップへ戻る
 

ページの先頭に戻る